アベンジャー

アンダー50万で手に入るブライトリングのエントリーモデルはコスパ最強?!「アベンジャー オートマチック 43」

こんにちは、澤本です。

今回、ご紹介するモデルは「アベンジャー オートマチック 43」です。
機能性、実用性が充実しているにもかかわらず、アンダー50万で手にできるコスパの高いコレクションです。

BREITLING(ブライトリング):アベンジャー オートマチック 43
品番:A17318101B1A1
ムーブメント:ブライトリング 17(クロノメーター公認 自動巻きムーブメント)
パワーリザーブ:約38時間
素材:ステンレススチール
ケースサイズ:43mm
防水:300m
メーカー国際保証期間:2年
価格:¥495,000-(税込)

ブライトリングらしいイメージの強い「アベンジャー」シリーズ、その中でもシンプルなデザインをお好みの方からも高い支持を受けるこちらのモデル。
新社会人の方や新成人の方など、プレゼント用でも人気のあるモデルとなります。
その人気の秘訣は、安心して使用できる機能性だけでなく、なんと言ってもスポーティで精悍なデザインがその理由です。
ビジネスシーンはもちろん、レジャースポーツなどアクティブなシーンにもご利用いただける機能性として防水300mを保持しているので、オンオフ問わずご利用いただけるのも魅力的なポイントです。
ダイヤル(文字盤)には、大型のインデックスや針には全て蓄光夜行塗料であるスーパールミノバを塗布しており、暗所でも時間の確認が容易です。
それだけでなく、風防に硬度、透明度が高いことで有名なサファイアクリスタルガラスを採用、その上、両面無反射コーティングを施していることで光の反射を99%カットし、高い視認性を確保してくれます。
ベゼルはダイバーズウォッチとしても機能する逆回転防止ベゼルが採用されており、操作性の向上のため4点のライダータブも装備されています。
このライダータブが風防を外的な要因から守ってくれる役割も果たしてくれるので、安心してご利用いただける設計とも言えます。
ブレスレットは、ポリッシュ仕上げとサテン仕上げの両方を使用した仕様、メタルの質感をお楽しみいただけ、高級感のある仕上がりとなっています。
時計の素材はステンレススチール316Lを採用、耐食性、耐アレルギー性の高さから医療用に使われていることでも有名な信頼度の高い素材です。
その素材を贅沢に冷間鍛造で製造し、密度が高くなることで強度も上がったものとなります。
これにより、磨き上げをした際の美しい仕上がりが実現、”ブライトリングのポリッシュは素晴らしい”と評価される理由です。

更に中身にもこだわっており、心臓部であるムーブメントにはCOSC公認クロノメーターを取得したものを採用。
COSCとはスイス公認クロノメーター検査協会と言われる正確な時計の時間精度計測している検査機関です。
この検査は15昼夜連続して検査されます。
検査は5姿勢、異なった3つの温度(摂氏23、38、8度)で行なわれます。
公認クロノメーターの認定を受けるには、厳格な認定基準をクリアしなければならず、その平均日差は-4~+6秒の間です。
実はスイス国内で毎年製造される時計のうち(ブライトリング以外のブランドを含む)、COSC公認クロノメーターの認定を受けるものは、全体のわずか5%に過ぎません。
手間暇がかかることではありますが、ブライトリングは全製品でこの検査を受け、合格したものだけを製品化しています。

「アベンジャー オートマチック 43」に搭載しているムーブメントはCOSC公認クロノメーター取得の”ブライトリング17”を採用、自動巻きのパワーリザーブ38時間を保持しています。

ブライトリングの拘り抜いた製品哲学が体現されたエントリーモデルは、とてもお得なコスパの高いモデルとなります。
是非、店頭にて実際に手に取りご覧くださいませ。