クロノマット, ナビタイマー

【特別企画!】和服にぜひ合わせていただきたいお時計3モデルご紹介~クロノマット&ナビタイマー~

皆様こんにちは、宮崎でございます。
いつもブライトリングブティック京都のブログをご覧いただき誠にありがとうございます。
最近道行く方を見ていると浴衣、お着物など和服を身につけておられる方が増えたなと感じております。
今年は規制も解除されたことで7月、8月は何かとお祭りごとが各地で行われることが多くなります。
というわけで私も着物と浴衣を着用いたしました(笑)
今回は着物を着用しております。
今の時期だと浴衣が多いと思いますが、夏用のお着物を着る際や次の季節に向けての参考にしていただけますととても嬉しいです。
ぜひ最後までご覧ください。

スペック&ローンシミュレーション

ブライトリング
ナビタイマー オートマチック 35

品番U17395211A1P4
ムーブメント:自動巻き(ブライトリング17)
ケース素材:ステンレススチール/18Kレッドゴールド
ベルト:アリゲーターストラップ
防水:3気圧防水
サイズ:35mm
その他特徴:マザー オブ パールダイヤル、インデックスにダイヤモンドをセット
両方向回転ベゼル、回転計算尺

価格:¥ 885,500-(税込)

紹介モデルを金利手数料0%のスマートクレジットを適用すると月々¥14,700-×60回 初回¥18,200でのご購入が可能です。

ブライトリング
ナビタイマー オートマチック 35

品番A17395211A1A1
ムーブメント:自動巻き(ブライトリング17)
ケース素材:ステンレススチール
ベルト:ステンレススチール
防水:3気圧防水
サイズ:35mm
その他特徴:マザー オブ パールダイヤル
インデックスにダイヤモンドをセット
COSC公認クロノメーター
パワーリザーブ約38時間
振動数:28,800回/時
ねじ込み式ケースバック
両方向回転ベゼル, 回転計算尺
ドーム型両面無反射コーティング済みサファイアクリスタルガラス

価格:¥753,500 (税込)

紹介モデルを金利手数料0%のスマートクレジットを適用すると月々¥20,900-(税込)×36回 初回¥22,000-でのご購入が可能です。

ブライトリング
クロノマット オートマチック 36
品番: A10380101C1A1
ムーブメント:自動巻き(ブライトリング10)
ケース素材:ステンレススチール
ベルト:ステンレススチール
防水:100m防水
サイズ:36mm
その他特徴:COSC公認クロノメーター
パワーリザーブ約42時間
振動数:28,800回/時
日付表示窓
ねじ込み式ケースバック
ベゼル:逆回転防止機能、ラチェット式
ドーム型両面無反射コーティング済みサファイアクリスタルガラス

価格:¥627,000 -(税込)

紹介モデルを金利手数料0%のスマートクレジットを適用すると月々¥17,400-×35回 初回¥18,000-でのご購入が可能です。

クロノマット32

まずは、こちらの32mmのクロノマットを着用いたしました。
18Kレッドゴールドとダイヤモンドをベゼル(文字盤の周り)にふんだんにあしらい、文字盤にもポイントでダイヤモンドが配置されております。
また、文字盤には真珠の貝殻を使用しております。
ブライトリングやその他の時計ブランドさんで真珠の貝殻を使用している場合はマザーオブパールと呼びますが、和名ですと螺鈿(らでん)とも呼んだりしますよね。
きらびやかな雰囲気が漂いますが、全体で見るとどうなるのでしょうか

帯や帯締めとも撮影してみました。
派手過ぎるかと思いきやそこまで際立つわけでもなく、程よい華やかさでつけられます。
身につけている着物の色味がクリーム色のような感じですので、ゴールドが入っていても相性抜群ですね。
今回はこの色味ではありますが、黒地のお着物やはっきりとしたお色味のお着物にも合わせていただいても華やかで上品に身につけていただけます。

ナビタイマー オートマチック 35

続いて、2本目はこちら。
ナビタイマーから35mmのモデルをお持ちいたしました。
こちらにも文字盤にはポイントでダイヤモンドの装飾と真珠の貝殻(らでん)を使用しております。
同じ素材を使っていても、文字盤に関しましては天然の貝殻を使用しておりますので質感が変わってきます。
ダイヤモンドの使い方なども変化がございますと先ほどのデザインとはまた違う魅力がありますね。

引きで見てみましょう。
丸いケースが可愛らしい印象を与えてくれますね。
サイズ感も先ほどのクロノマットより3mm大きいサイズですが、違和感はございません。
また、赤い矢印型の秒針がアクセントになって可愛らしすぎず、程よい抜け感も演出してくれます。

クロノマット オートマチック 36

どんどん見ていきましょう。
3本目はブルーがとても綺麗な機械式時計のクロノマットで、36mmサイズをご紹介いたします。
今までの2本は着物の色と合わせて白系統の文字盤を選んでおりました。
はっきりとした色味なのでつけてみて合うかどうか不安でしたが、想像以上に着物の色と合っていますね。
小物と合わせてみるとどうなるのでしょうか?

帯揚げ(帯の上に見える水色の部分)と帯締め(帯を締めているネイビーの紐)が寒色系の色味です。
着物の模様に使われている色味や鞄などの小物の色味と文字盤のカラーリングを合わせるのも
今着用している着物のような色味であれば、差し色としての役割にもなりますのでふと時計を見る瞬間楽しい気持ちになれます。
そちらに加え、ブルー文字盤はエレガントな雰囲気を演出してくれますね。
またひと味違う雰囲気も楽しめますのですぐに飽きることもなく長くつけられます。

いかがでしたか?
着物に腕時計というとサイズ感は小ぶりのもので革ベルトで、手首の内側につけないといけないのでは?
とお思いの方もいらっしゃるのではないかと感じております。
私もその感覚が離れず少し抵抗があったのですが実際身につけてみると違和感はございません。
普段のお洋服にはもちろんのこと、お着物にもバッチリ合わせていただけるのでぜひ皆様も和服をご着用の際は
腕時計も合わせて身につけてみてくださいね。

他にも素敵なモデルがたくさんございますので、ぜひご自身のお気に入りのモデルを
見つけていただけますと幸いです。
皆様からのお問い合わせ、ご来店を心よりお待ちしております。